シンプルでありながら深みのある食体験を演出

すし あらい

新潟市東万代町の一画に静かに佇む寿司店「すし あらい」。2018(平成30)年のオープン以来、新潟県内のみならず、県外の食通も虜にしてきた人気店だ。

店舗入口
店舗入口

大将の荒井さんは、秋田市にある寿司店「たつ福」で和食の道に入ったのち、故郷である新潟に帰郷。中央区の「よしの寿司」で18年修行を重ね、2018(平成30)年に独立した。「奇を衒うのではなく、当たり前のことを当たり前にやるだけ」と話す荒井さんが追求するのは、シンプルかつ深みのある握りだ。

大将 荒井さん
大将 荒井さん

お品書きも、おまかせのコースが2種類とシンプル。寿司のみのコースと、寿司と和食がセットになった和食コースだ。寿司だけでなく、滋味深い和食の味わいを一緒に楽しめるとあって、好評を得ている。

カウンター席に座れば、荒井さんの細やかな調理の動きが自然と目に入ってくる。各席から手元が見えやすいよう、緻密に調整されているのだ。取材したこの日は気仙沼から鮪を入荷。鮮やかな包丁さばきに思わず見入ってしまった。

カウンターから見える大将の手つきにも惚れ惚れする
カウンターから見える大将の手つきにも惚れ惚れする

コハダ、鮪といった定番の握りにこそ、職人技は輝く。素材が持つ本来の味わいを生かすための手間を惜しまず、素材への思いを語りながら、ひとつひとつ丁寧に握り、提供してくれる。

ひとつひとつ丁寧に握られた寿司
ひとつひとつ丁寧に握られた寿司

「寿司の味は、目の前にポンと置かれたものだけで形成されるのではなく、雰囲気、会話、所作、間合い、タイミング…。それらすべてで形成されるものなのだと思います」と荒井さん。淀みなく発される言葉のひとつひとつから、和食料理人としての自負と、職人の矜持が垣間見られた気がした。

日本酒の品揃えも豊富
日本酒の品揃えも豊富

ご自身も無類の酒好きという荒井さん。お店には日本酒の品揃えも豊富で、滅多にお目にかかれない、レアな日本酒も取り揃えている。この日は菊水酒造「蔵光」、村祐酒造「夏美柑」、市島酒造「秀松」をおすすめしてくれた。

堅苦しさを感じさせない雰囲気作りにも脱帽だ。時折交える冗談話、軽やかな気配りが実に心地よい。裏方として店を支える女将さんとともに、居心地の良い空間を作り上げている。

すし あらい
所在地:新潟県新潟市中央区東万代町9-26 
電話番号:025-385-6007
営業時間:15:00~22:00
定休日:水曜日
※電話予約にて、お好みやアレルギー等を伺っています。

詳細地図